【実体験】留学先にトロントをオススメする6つの理由

英語圏の留学先で根強い人気を誇るカナダ。カナダの中でも東に位置するトロントは、毎年多くの日本人が留学先として選択しています。

同様に人気の都市であり、カナダの東側に位置するバンクーバーとよく比較されます。

今回の記事では、実際にトロントに一年間の留学経験がある私が、トロント留学をオススメする5つの理由をご説明していきます。

オススメ理由1 多国籍文化

カナダは移民の受け入れを積極的に行っているため、多国籍文化です。電車に乗っているときも、カフェで働いている人も、カナダ人だけではありません。

様々な国から、様々な文化を持った人々が共存しているため、一人ひとりがお互いを尊重し合える国民性が、カナダの人にはあります。

実際に私が留学した語学学校の留学生の出身地も、韓国、台湾、タイ、ベトナムなどアジアのほかに、
ロシア、トルコ、サウジアラビア、チェコ、フランス、ベネズエラ、ブラジル、メキシコと、いろいろな国から人が集まっていました。

世界中の文化に触れ、世界中の友達をつくることができるのは、トロント留学での大きな魅力の一つです。

オススメ理由2 治安の良さ

トロントは世界の住みやすい街ランキングでも、上位に上がるほどです。また、隣国アメリカと比べると銃規制が厳しくされているため、凶悪な犯罪は比較的少ないです。

しかし、場所によってはホームレスの多い地域や危険がある場所も存在し、犯罪に巻き込まれるケースがあります。治安の悪い場所には近づかない、スリなどの軽犯罪はいつでも気を付ける、などの注意が必要です。

私が留学していたときは、夜遅くを一人で歩いていても明るい道や人通りが多い道だったため、危険な目に合うことは特にありませんでした。

オススメ理由3 癖のない、きれいな英語

カナダは地理的にアメリカと近いため、なまりのないきれいな英語を話す人が多いです。トロントの語学学校の先生は、出身やルーツは様々でも、全員ネイティブレベルの英語を話します。

私の語学学校の先生は、ルーツは韓国でしたがカナダで生まれて生活していたので、とてもきれいな英語ネイティブスピーカーでした。

ネイティブスピーカーの英語を毎日聞いて、自分の発音をしっかりと直してくれるため、きれいな英語を身につけることができました。

世界中どこでも通用する英語力を身に付けるには、最適な環境だと言えるでしょう。

オススメ理由4 季節の変化を楽しめる

トロントには日本と同じで四季があります。

カナダの国旗にもなっている、トレードマークのメープルリーフに表現されるよう、秋はきれいな紅葉を見ることができます。

夏の楽しみといえば、海水浴が挙げられますが、実はトロントにはビーチがあります!また、夏の期間は毎週末に公園で世界のイベントが開催されます。

フィリピンフェス、アジアフェス、メキシカンフェスなど、6月〜8月は毎週なにかしらのイベントが開催されていて、友達と出かけるきっかけにもなるため英語力の向上にも役に立ちます。

冬は日本と比べてかなり寒く、マイナス10℃以下になることもあるトロント。

しかし、冬のトロントは市内の公園がアイススケートリンクになったり、スキー場が開かれるので、スキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツが楽しめます。

寒いからと言って、引きこもるのではもったいない…しっかり防寒対策をして、外に繰り出せばトロントの冬は楽しく過ごすことができます!

オススメ理由5 スポーツ観戦が楽しめる!

トロントには、NBAチームの「ラプターズ」、野球チームの「ブルージェイズ」があります。シーズンになると、トロントの街中のバーではパブリックビューイングをする人たちが盛り上がっています。

日本ではテレビでしか見ることができない、NBAバスケットボールの公式戦も、トロントで観戦することができます。

実際に私はNBAチームのラプターズの試合を2回観に行きましたが、ホームゲームなのでとっても盛り上がっていて楽しかったです!

冬は特にアイスホッケーが盛り上がるシーズンなので、友達やホストファミリーと一緒に試合を観に行くことをオススメします。

オススメ理由6 バスでナイアガラ、NY!旅行に行ける

トロント留学をオススメする最後の理由は、いろんな旅行先に気軽に行けることです。

世界三大滝の一つであるナイアガラの滝は、トロントから車で2時間程度でいけます。

日本からでは飛行機で12時間以上かかるニューヨークへも、なんと夜行バスで10時間ほどで行けてしまう距離です。

また、キューバフロリダなども日本から行くより、お金も時間も節約して訪れることができます。

トロントから行く旅行先はカナダ国内でも多くあり、フランス語圏のケベックや首都オタワ、オーロラを見るためにイエローナイフに行くこともできます。

留学中のお休みや帰国前に、旅行をすることでたくさんの思い出を作ることができます!

トロント留学の注意点?!

最後にトロント留学の注意点を二つ、お伝えしたいと思います。

一つ目は「日本人多さ」

上記でお伝えした通り、トロントは留学先として大人気ですので、日本からの留学生もたくさんいます。

特に、学生の長期休み期間の8月と3月は特に多く、学校によっては7割以上が日本人なんてこともあります。

私の通った語学学校でも、8月はクラスの14人中8人が日本人だったことがありました。

同じ日本人が近くにいることは安心できることでもありますが、せっかく海外に来たのに、日本人と日本語でばかり会話をしていたら、英語力は向上しません。

相手が日本人でも、できるだけ英語でコミュニケーションを取ろうとすることが大切です。

二つ目は「食生活の乱れ」

カナダでの食事は日本と違って、あぶらっこいものやコッテリしたものが多くあります。

ハンバーガーやピザなどの高カロリーなファストフードがズラッと並んでいたり、街を歩けば日本食、韓国料理、ブラジル料理など、世界中の食べ物が楽しめます。

食事量や食べるものを気にせず食べていたら大変です。実際に私は1年間留学し、帰国時には8㎏太っていました…(笑)

食事に気をつけるのも大切ですが、トロントにはスポーツジムがたくさんあります。

定期的に体を動かすことと、食生活のコントロールを両立していければ、そこまで不健康に太ることはないかと思います。

トロントは留学先としてとっても魅力的な場所!

圧倒的な生活のしやすさ、週末は退屈することがない環境があるトロント。

トロントは留学先として自信をもってオススメできます。留学検討中の方はぜひ候補として考えてみてください。

関連記事

  1. スワヒリ語で挨拶をしてみよう!【スワヒリ語 基本の挨拶編】

    東アフリカで国を超えて使われているスワヒリ語。タンザニア、ケニア、ウガンダ、ルワンダで使われており…

  2. 自己紹介で使えるスワヒリ語!

    Jambo!今回の記事では、スワヒリ語で自己紹介する時に使うフレーズを紹介していきます。前…

  3. マーケットに行こう!買い物で使えるスワヒリ語

    アフリカに旅行に行ったら、現地のマーケットで買い物をするのも一つの楽しみでしょう。今回は、買い物で…

PAGE TOP