笑って、はしゃいで、癒して…女子旅を全力で楽しむバリ島!

女子だけでのんびりと休暇を満喫したい・・・

そんなことを感じる時、みなさんは行き先としてどこを思い浮かべますか?

ハワイ、グアム・・・

どちらも日本人に大人気のリゾート地として有名ですね。

しかし今回、私が女子旅にオススメするのは常夏の楽園、インドネシアのバリ島です!

日本から飛行機で7時間、格安でビーチリゾートを満喫できる、まさに夢のような観光地がバリ島です。

今回は、女子だからこそ楽しめるバリ島の魅力と楽しみ方を、写真と共に存分に紹介していきます!

そもそもバリ島ってどんなところ?

世界中からビーチリゾートとして知られているバリ島は、インドネシアの首都ジャカルタがあるジャワ島の東に位置する常夏の島です。

大自然が多くあり、島全体がパワーを持つと言われており「癒しの島」とも呼ばれています。

島には約420万人の人が暮らしており、そのうちの約9割の人がバリ土着の信仰とインド仏教、ヒンドゥー教の習合であるバリ・ヒンドゥーを信仰しています。

言語は伝統的なバリ語が存在しており多くの人が使っていますが、公式的には国の公用語であるインドネシア語が用いられています。

しかし、観光地として世界中から観光客が集まってくるので、レストランやホテルではほとんどの人が流暢な英語を話すことができます。

では、さっそくバリ島の魅力と女子旅での楽しみ方を紹介していきます!

プール付きの高級リゾートホテルではしゃぐ!

バリ島でリゾートを満喫するなら、宿泊先は高級リゾートホテルが立ち並ぶヌサドゥア地区に決定!

ヌサドゥア地区は、観光地区にするためにインドネシア政府が特別に開発したエリアで、
グランド・ハイアットやヒルトン、ムリア・リゾート、ザ・リッツ・カールトンなど、世界的にも有名な五つ星ホテルが多く立ち並ぶ、まさに高級リゾートエリアです。

ホテルの入り口には警備員によるセキュリティチェックがあるので、治安も良く安心して過ごすことができます。

ヌサドゥア地区の中でもオススメは、ヒルトングループの最高峰の五つ星ホテル「コンラッド・バリ」です。

プライベートプールはもちろん、ジムやスパ、レストラン、お土産ショップがホテルに併設されているため、一日中ホテルにいても2人で楽しめること間違いなしです。

晴れた日は、プールサイドバーでお気に入りのカクテルを注文し、
目の前の大きな広いプールへダイブ!

宿泊者は朝食がビュッフェなのも嬉しいです。

洋食、和食、エスニック料理と多様な食事が並びます。

ドラゴンフルーツやライチなど、日本ではあまり見かけないフルーツもたくさん用意されているので、思う存分食べることができます。

ヌサドゥア地区の五つ星ホテルは1人1泊当たり約1万円と、リゾート気分をかなりリーズナブルに味わえるのがポイントです!

◆コンラッド・バリ

電話番号:+62 361 778788
ホームページ:https://conrad.hiltonhotels.jp/hotel/bali/conrad-bali
住所:Jl. Pratama No.168, Tj. Benoa, Kuta Sel., Kabupaten Badung, Bali 80363 インドネシア

ゆったり過ごすビーチ

バリ島と言えば、きれいなエメラルドグリーンが広がるビーチ!

思いっきり泳ぐのもよし、
ビーチでうたた寝するもよし、
早起きしてサンライズを見るのもよし・・・。

現地のオプショナルツアーで、シュノーケリングやパラセーリングを体験することもできます。

水着、ビーサン、サングラスの用意ができたら、あとはビーチに行くだけです!

サーフィンなどのマリンスポーツを楽しみたいのであればクタビーチ、
のんびりとした時間をビーチで過ごしたいのであれば人が少ないヌサドゥアビーチがオススメです。

ぜひ自分たちだけのバリ島ビーチリゾートの楽しみ方を見つけてみてください。

カップルで受けられる贅沢スパ

次に紹介するのは、日本人にも人気のバリ島スパです。

なんと、バリ島のクタ地域には、友達同士で受けられる高級スパがたくさん存在します。

日頃の疲れをこの機会に癒してみてはいかがでしょうか。

オイルマッサージやフラワーバス、フェイスパック、ヘッドスパ・・・

様々なメニューをたっぷり3時間楽しめるコースなど、

日本ではあまりできないような贅沢を気軽に体験することができます。

人気のお店は当日に行くと予約でいっぱいになっていることもしばしばあるので、
1週間前から予約しておくのがベターです。

ロマンチックな時間を過ごす、ディナークルーズ

バリ島でロマンチックな時間を過ごしたいのであれば、夕陽を見ながらディナークルーズがオススメです。

ブノアハーバーから出航するサンセットディナークルーズは、なんとビュッフェディナーとキャバレーショーが楽しめて1人7000円ほど。

集合場所への行きと解散場所からの帰りは、ホテルまで送迎付きなので、夜遅くなる心配もなく楽しめます。

ちなみにしっかりと酔い止めも用意されているので、船酔いの心配がある方も安心して船に乗ることができるでしょう。

ウェルカムドリンクを片手に船に乗り込み、19時頃に出航します。

船が出航してから1時間ほどで日が沈みますので、見逃さないように気を付けてくださいね。

余裕があれば足を伸ばしてレンボンガン島観光!

バリ島のサヌールビーチから高速ボートで30分ほどの位置にある小さな島、レンボンガン島。

レンボンガン島では、天然のマングローブ観光やカラフルなサンゴ礁を間近で見られるシュノーケリング体験をすることができます。

島を一望できるスポットや、イエローブリッジ、現地で作られている塩の製造場所など
見どころ満載です!

レンタルサイクリングで自分のペースで観光することもできますし、

ジープに乗って島を観光するツアーに参加することもできます。

小さな島ですが、アクティビティとレンボンガン島の観光、両方行うには、1日かけて行くのがオススメです。

島にはこんな素敵なパワースポットもあるのです。

バリ本島から少し足を伸ばして、ぜひ訪れてみてください。

1日で島を一周満喫するツアーは、VELTRAで探せます。

最終日は、クタ地域で買い物三昧!

旅行の最終日はお土産を買いに、クタ地域へGO!

バスソルトやせっけんなどのバスグッズは友達、家族へのお土産に大人気です。

また、女性に人気のお土産はインドネシアに自生しているシダ科の植物、アタで作られたバッグです。

他にもバリ産のコーヒーやチョコレートなど、なんでもそろっているのがこのクタ地域の素晴らしいところです。

ちなみにこのクタ地域には、移動手段が車しかないので、タクシーをチャーター(貸し切り)しておくと効率的に回ることができます。

タクシーチャーターの相場は、1時間あたり500円ほどなので、どのくらい買い物に時間が必要なのかを逆算して、

買い物が終わったらそのまま空港に送ってもらうというのも一つの手です。

バリ島女子旅行まとめ

今回は女子旅で楽しむバリ島の魅力と楽しみ方を紹介しました。

バリ島は高級ビーチリゾートでありながら日本と比べて物価が安く、とても過ごしやすい観光地です。

日頃、仕事や勉強を頑張っている方は、ぜひ次のお休みの行き先としてバリ島を考えてみてくださいね。

素敵な時間を思う存分楽しんで、一生に残る思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 青の街、モロッコのシャウエン。アクセス抜群のおすすめホテルを紹介…

    青の街として、今世界中の観光客から大人気の旅行先、モロッコのシャウエン。まるで異世界に来た…

  2. タンザニアの公共バス!?ダラダラの乗り方をマスターしよう!

    タンザニアのアルーシャはかなり面積の広い街なのですが、電車や地下鉄がなく、主な移動は車になります。…

  3. 自己紹介で使えるスワヒリ語!

    Jambo!今回の記事では、スワヒリ語で自己紹介する時に使うフレーズを紹介していきます。前…

  4. 【2019年エジプト女一人旅】首都カイロの治安と注意点!

    世界遺産ギザのピラミッドで有名なエジプトの首都カイロ。アフリカ大陸に位置しており、ピラミッドや砂漠…

  5. 【2019年最新】イスタンブール市内とサビハ・ギョクチェン国際空…

    イスタンブールの空港は現在、既に閉鎖されているアタテュルク国際空港(ISL)、イスタンブール新空港…

  6. 【2019年5月】コルカタ市内と空港の最安移動手段!

    インドの街、コルカタ。混沌とした街中、リアルなインドを感じられる街並みは、旅人に人気のスポットの一…

  7. アナ雪のモデル、ノルウェーのベルゲン日帰り観光スポット4選!

    ディズニー映画、「アナと雪の女王」のモデルになったノルウェーの街、ベルゲン。まるで…

  8. ブラジル日本移民史料館。私の知らない日本の歴史がサンパウロに。

    ブラジルの都市サンパウロには、日本人が多く住んでおり、日本人街と言われる場所もあります。日…

PAGE TOP