【2019年最新】シンガポールの地下鉄MRTの乗り方を徹底解説!

シンガポールに個人で旅行に行くのであれば、現地の交通情報は必須ですよね。

シンガポールは、小さな街であり、どこにいくのもMRTという地下鉄を利用すればとても便利です。

今回は、シンガポールでの主要な移動手段である地下鉄MRTの利用方法や料金を紹介していきます。

シンガポールの地下鉄MRTとは?

シンガポールの地下鉄MRTのとは、Mass Rapid Transitの略であり、市内を走る地下鉄の電車です。

シンガポールを走るMRTは、以下の5つの路線があります。
路線ごとに色が決まっているので、旅行者でも簡単に利用できます。

  • 南北線(North South Line)・・・赤
  • 北東線(North East Line)・・・紫
  • 東西線(East West Line)・・・緑
  • 環状線(Circle Line)・・・黄色
  • ダウンタウン線(Down Town Line)・・・青

乗り換えの際も、行きたい駅の路線がわかれば色に従うだけなので、日本の電車と比べて迷うことはあまりないでしょう。

シンガポールMRTの路線図はこちら!

シンガポールの地下鉄MRTのお得なパス

MRTに乗車するためのチケットは3種類あります。

スタンダードチケット(Standard Ticket)

スタンダードチケットは10Cで購入する最大6回利用できる、使い捨てのICカードです。

1回目の地下鉄利用時に、初回料金+10Cをデポジットとして支払い、
3回目の利用時にデポジットである10Cの返却、そして6回目の利用時に、さらに10Cの割引を受けることができます。

2回目以降はカード置き場に持っているICチケットを置いて、同様に乗車金額をチャージできます。

ツーリストパス(Singapore Tourist Pass)

ツーリストパスは、MRT、LRT(シンガポールの北部を走る路線)、路線バスが一定期間内、乗り放題になるパスです。

1日券:S$20
2日券:S$26
3日券:S$30

上記の料金にはデポジットのS$10が含まれていますが、発行から5日以内にパスを返却すると、デポジットは返金されます。

ツーリストパスを購入できる駅は以下の8駅です。

・チャンギ国際空港駅 (Changi Airport)
・オーチャード駅(Orchard)
・チャイナタウン駅(Chinatown)
・シティ・ホール駅(City Hall)
・ラッフルズ・プレイス駅(Raffles Place)
・アン・モ・キオ駅(Ang Mo Kio)
・ハーバーフロント駅(HarbourFront)
・ブギス駅(Bugis)

一日に何度も利用し、移動距離が長くなるようであれば、ツーリストパスを購入した方がお得かもしれません。

だいたい1日に5回以上MRTを使って移動するのであれば、スタンダードチケットよりも使い放題のツーリストパスの方がお得になります。

ツーリストパスを使うと、チャージや切符を買う手間を省けるのも、メリットとしてあります。

イージー・リンクカード(Ez-Link Card)

イージーリンクカードは、MRTと路線バスのどちらも使えるICカードです。

カード発行に返却されない発行代S$5かかりますが、スタンダードチケットよりも毎回の乗車料金が安くなります。

また、最低チャージがS$10以上という制限があるので短期旅行者には向いていませんが、長期でシンガポールに滞在する場合はイージーリンクカードの利用がお得です。

購入する場合は各MRT駅のチケット・オフィスで購入できます。

地下鉄MRTの料金、運行時間や終電は?

シンガポールの地下鉄MRTは、事前に料金を支払い切符を購入し、乗車します。

旅行者に一番使われる、スタンダードチケットの料金と運行時間は以下のようになります。

初乗り:S$1.30
運行時間:5:30~翌0:00

例えば、マリーナベイサンズの近く、ベイエリアの中心「Bay Front(ベイフロント)駅」から
シンガポール発の世界遺産ボタニックガーデンがある「Botanic Garden(ボタニックガーデン)駅」まではS$1.80、

ベイエリアの中心「City Hall(シティホール)駅」から
「Little India(リトルインディア)駅」まではS$1.40です。

路線によっても違いますが、MRTの終電は24時頃です。

MRTの終電を過ぎてからの移動はタクシーの利用になるので気をつけましょう。

チケットの買い方は、チケットマシンが以下の方法で利用できます。

①最初の画面で「Buy Standard Ticket」を選択
②路線図から目的の駅名を見つけてタッチ
③確認画面が出てきたら、チケットの枚数を決定し、
「Single Trip(片道切符)」(往復の場合「Return Trip」)を選択
④表示された金額を投入して完了

英語表記が選択できるので、表示に従って目的地までのチケットを購入しましょう。

シンガポール地下鉄MRT乗車の際の注意点

シンガポールの地下鉄に乗るときは、日本と違って注意しなければならないことがいくつかあります。

  • 飲食:罰金500ドル
  • 喫煙:罰金1000ドル
  • 可燃液体の持ち込み:罰金500ドル
  • ペット・動物の持ち込み:罰金500ドル
  • ドリアンの持ち込み:罰金500ドル

日本では許容される、飲み物やペットの同伴もシンガポールでは罰金が発生しますので気をつけましょう!

シンガポールの地下鉄MRTを利用して個人観光してみよう!

シンガポールの地下鉄は、まだまだ開発途上であるものの、3〜5分起きに来る電車、安全のために設置されたホームドアなど
旅行客にとって安全で快適な旅行をサポートしてくれます。

乗り方がわかったら、ぜひ自分に合ったチケットを用意し、観光を楽しんでみてください。

関連記事

  1. 【2019年最新】コルカタにあるマザーテレサのボランティアに個人…

    インドのコルカタにある、マザーテレサのボランティア施設「マザーハウス」。毎日多くのボランティアが世…

  2. タイ北部の美しい古都、チェンマイを楽しむ!

    タイのバンコクから700㎞北に位置し「北方のバラ」とも称される美しい古都、チェンマイ。自然…

  3. 【2019年エジプト女一人旅】首都カイロの治安と注意点!

    世界遺産ギザのピラミッドで有名なエジプトの首都カイロ。アフリカ大陸に位置しており、ピラミッドや砂漠…

  4. 【2019年5月】コルカタ市内と空港の最安移動手段!

    インドの街、コルカタ。混沌とした街中、リアルなインドを感じられる街並みは、旅人に人気のスポットの一…

  5. ブランド好き必見!香港アウトレットモール完全制覇!

    日本から近く、おいしいグルメやショッピングをたくさん楽しめる香港は、女子旅でも大人気の行き先です。…

  6. 自己紹介で使えるスワヒリ語!

    Jambo!今回の記事では、スワヒリ語で自己紹介する時に使うフレーズを紹介していきます。前…

  7. タンザニアの公共バス!?ダラダラの乗り方をマスターしよう!

    タンザニアのアルーシャはかなり面積の広い街なのですが、電車や地下鉄がなく、主な移動は車になります。…

  8. カッパドキアの気球が見えるおすすめ洞窟ホテル紹介!

    トルコの世界遺産の街、カッパドキアに行くほとんどの方は、日帰りではなく宿泊するかと思います。朝早く…

PAGE TOP