2019年タイのランタン祭り「コムローイ」の参加方法!

死ぬまでに行きたい世界の絶景で度々ランクインし、今や大人気のタイのランタン祭りであるコムローイ祭り

今回の記事では、年々人気が上がり、ますます参加が難しくなってきているコムローイ祭りの参加方法をいくつかご紹介します!

タイのランタン祭り、コムローイ祭りって?

無数のランタンが夜空に上がる幻想的な風景。どこかで目にしたことがある人も多いかもしれません。

コムローイとは、タイ語で「天灯」のことを指します。

実はこのお祭り、「ローイクラトン(ロイクラトン)」と呼ばれる、タイ王国全土で陰暦12月の満月の日を中心に開催される祭りのことを指しています。例年11月中旬~下旬に開催されています。

このお祭りは、無数のコムローイ(天灯)が夜空に飛ばされることからコムローイ祭りと呼ばれ、農業の収穫に感謝し、水の女神コンカーに祈りをささげ、罪を謝罪し、自らを清めるために行われます。

バンコク、スコータイ、チェンマイ、ターク、アユタヤにおけるイベントが有名ですが、その中でも、ディズニー「塔の上のラプンツェエル」の舞台になったのはチェンマイのコムローイ祭りです。

チェンマイのコムローイ祭は、現地人向けの「イーペン・サンサーイ」と外国人向けにメージョー大学で行われる「イーペンランナー・インターナショナル・フェスティバル」の二種類があります。

外国人が参加できるのは「イーペンランナー・インターナショナル・フェスティバル」です。

参加方法その1 日本発パッケージツアー

HISなどの日本の旅行会社で、コムローイ祭りの参加が含まれているツアーに申し込む方法です。コムローイ祭りの開催日程が発表される前に、ツアーに申し込むことが可能です。

しかし、毎年人気のツアーのため、7月中に満席になっていることも多いので、早めに申し込むと確実でしょう。
また、ツアー料金は6日間で約20万円と、高めに設定されています。

確実に参加したいのであれば、料金が高めでもこの方法がおすすめです。

参加方法その2 現地ツアー

二つ目は、現地のコムローイ祭りのツアーに申し込むことです。

オンライン申し込み

日本にいる間にオンラインでチェンマイの現地ツアーを申し込んでおくことも可能です。Yeepeng lanna internationalで検索すると、チェンマイの旅行会社がいくつかヒットします。

料金はイベントの指定席によりますが、約2万円~5万円なので、日本のツアー料金より全体的に安く行けるオススメの方法です。

しかし、旅行会社がツアーを公開後は、チケット争奪戦になるので、頻繁にコムローイ祭りを取り扱っている旅行会社の情報をチェックしておくと良いでしょう。

ただし、旅行会社とのやりとりは基本的に英語になります。また、航空券や宿泊先は自力で探す必要がありますので、チャレンジしてみたい方はぜひこの方法を試してみてください。

現地で飛び込みの申し込み

開催日直前であれば、チェンマイに行ってから旅行会社をあたり、余っているチケットやツアーがあるか聞いて回る方法も一つです。

確実な方法ではありませんが、運が良ければ、予備のチケットやキャンセルが出たコムローイ祭りのチケットと出会えるかもしれません。

参加方法その3 自分でチケットのみ入手

  

お祭りに一番安く参加する方法は、自分でチケットを入手することです。

実は私も、以前コムローイ祭りにこの方法で参加しました。

ネット上の日本語のサイトではチケット販売を見つけられなかったので、こちらも「Yeepeng lanna international」で検索して探すと、チケットのみを販売代行している旅行会社が見つかります。

チケットを探し始めたのは8月中旬ごろでしたが、すでにほぼ全てのサイトで完売という状況でした。

ダメ元でキャンセルが出たら連絡が来るようにChiangmai Cultureというサイトから、問い合わせメールをしたら、なんと一週間後にメールの返信が来て、無事チケットの購入ができたのです。 

ちなみにチケット代はプレミアム席で一人US198でした。スタンダード席であれば通常はUS150です。

チケットには開催場所までのバス代も含まれているので、集合場所に向かえば他の参加者と同様にお祭りの会場に向かえます。

集合場所は、チェンマイプラザホテル前

住所:92 Sridonchai Road, Chiang Mai 50100, Thailand.

早めの予約で、コムローイ祭りに参加しよう!

一度は行ってみたい幻想的なコムローイ祭り。願いを込めてランタンを一斉に打ち上げる瞬間は、言葉にできないほどの感動です。

参加のハードルは少し高いかもしれませんが、絶対に価値があるので、ぜひ参加を考えてみてはいかがでしょうか。きっと感動が待っているはずです!

[clink url=”http://theworldwith.com/thailand-2/”]

関連記事

  1. マーケットに行こう!買い物で使えるスワヒリ語

    アフリカに旅行に行ったら、現地のマーケットで買い物をするのも一つの楽しみでしょう。今回は、買い物で…

  2. 【2019年最新】コルカタにあるマザーテレサのボランティアに個人…

    インドのコルカタにある、マザーテレサのボランティア施設「マザーハウス」。毎日多くのボランティアが世…

  3. タンザニアのアルーシャからケニアのナイロビへ!陸路で国境を越える…

    今回、タンザニアのアルーシャから週末にケニアの首都ナイロビへ行ってきました。タンザニアとケ…

  4. 【2019年最新】イスタンブール市内とサビハ・ギョクチェン国際空…

    イスタンブールの空港は現在、既に閉鎖されているアタテュルク国際空港(ISL)、イスタンブール新空港…

  5. スワヒリ語で挨拶をしてみよう!【スワヒリ語 基本の挨拶編】

    東アフリカで国を超えて使われているスワヒリ語。タンザニア、ケニア、ウガンダ、ルワンダで使われており…

  6. タンザニアの公共バス!?ダラダラの乗り方をマスターしよう!

    タンザニアのアルーシャはかなり面積の広い街なのですが、電車や地下鉄がなく、主な移動は車になります。…

  7. 青の街、モロッコのシャウエン。アクセス抜群のおすすめホテルを紹介…

    青の街として、今世界中の観光客から大人気の旅行先、モロッコのシャウエン。まるで異世界に来た…

  8. 【2019年5月】コルカタ市内と空港の最安移動手段!

    インドの街、コルカタ。混沌とした街中、リアルなインドを感じられる街並みは、旅人に人気のスポットの一…

PAGE TOP