ケアンズでの生活が私に気付かせてくれたこと。世界一周旅行記2 in Australia

Hello!

世界一周出発してから今日で10日目になります。早い!

二か国目は、オーストラリアのケアンズ!

そう、グレートバリアリーフを見るのが夢だったのです!

1泊2日の船旅、ダイビングクルーズに参加しました。

朝、起きたら海の上だなんて、最高すぎる・・・!

セブ島でダイビングライセンスを取っていたのですが、船のクルーに
「アドバンスも取ったらもっと深く潜れるし、これから世界を旅するなら絶対いいよ!」と言われ、
取りました!!

これでなんと水深40mまで潜ることができるそう・・・!

グレートバリアリーフ、水面からもはっきり見えるほど、透明度が高くてきれい・・・
水中もこんな感じでひたすらサンゴ礁!!

2日間ずっと船に揺られて、合計8回のダイビングをしたので、かなりきつかったです。。

初めて船酔いしました。
陸にあがってからもずっと、寝るときもゆらゆらを感じて気持ち悪くなり…
その影響かわからないけど、3日くらい悪夢が続きました。笑

楽しさの代償は大きい。。

それでもまた船旅をしたいです。

そして、ケアンズ滞在中は、ゲストハウスに泊まりました。

インドネシア、イタリア、インド、中国・・・

いろんな国から、いろんな目的でケアンズに来ている人がいて、
そんな人たちとコミュニケーションを取りながら、滞在できるという楽しさを実感しました。

オーストラリアの人は、働くのが嫌だから、最低賃金がA$18とか、とても高いらしいです。

しかも土日や祝日は2倍になるところも多いとか。

ケアンズはすごく時間の流れがゆっくりしてるように感じます。

夜一人で歩いてても全然怖くないし、
危ない道や治安の悪いところがそんなにないです。

日本もそうだと思うのですが、この「治安が良い」という状況がどれだけありがたく、
私に安心感を持たせてくれているのかを、すごく実感しました。

最近旅行したフィリピンやインドは、どうしても夜は1人で出歩くのが怖いなと感じてしまう場所でした。

あと、ケアンズに来るために乗り継いだポートモレスビーの治安を調べて、不安過ぎて泣きそうになってたので

なおさら「安全であること」「国として秩序が保たれていること」が、どれほどありがたいことなのか、
改めて気づくことができました。

もうひとつ気づいたのは、たぶんこういうのんびりとした生活は1日で飽きてしまうという自分の性格についてです。

最初の一週間、予定を詰めすぎていて、このペースで旅行してたら体がもたない・・・と思ったので
すこしペースを落とそうとしました。

でも、自然をみながらゆっくり過ごす素敵な一日、は繰り返すと退屈になってしまいます。
私は2日目に飽きました。

やっぱり自分は東京のせかせかした感じが好きなのかな、と。

それとも誰かの役に立っていない自分、が許せないのかな。

誰よりも「自由」であることを追い求めるくせに、
「自由」であることに退屈さと少しの恐怖を感じるという矛盾した感情を持って、

次の国に飛び立ちます。





PAGE TOP